« 青空の下でツツピーツツピーと四十雀の声賑やかなりし | トップページ | 彼方より光は届くものなれば今薔薇色の竜宮を見む »

2023年12月31日

大晦日の夜空に昇り輝くは月齢十八をやや過ぎし月

231231w

大晦日である。

少し前までの天気予報では、関東の元旦は雲が広がるかもしれないとのことだったが、最新の予報では朝から晴れるということに更新されたようだ。午後 10時前の空も晴れていて、月齢 18.1 の月が皓々と照っている。川向こうの道路は静まりかえり、走る車も稀だ。

今年もお陰様で毎日歌を詠むことができた。来年もこの調子で行きたいのでよろしく。

 

|

« 青空の下でツツピーツツピーと四十雀の声賑やかなりし | トップページ | 彼方より光は届くものなれば今薔薇色の竜宮を見む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空の下でツツピーツツピーと四十雀の声賑やかなりし | トップページ | 彼方より光は届くものなれば今薔薇色の竜宮を見む »