« サングラスなしには午後に帰宅することの能はぬ日暮れの早さ | トップページ | 吹く風にそよぐ薄は辛うじて冬の季節を感ずるらむか »

2023年12月10日

電線の鳥もねぐらに帰りたる午後四時半の暗き田の道

231210w

今どきの午後 4時半は既に暗い。何もない田んぼの景色の中で、電線だけが何本も横に走っている。当然ながら、鳥たちはみなねぐらに戻っている。

その彼方を、家路を辿る人間のクルマのライトがすべるように流れて行く。

 

|

« サングラスなしには午後に帰宅することの能はぬ日暮れの早さ | トップページ | 吹く風にそよぐ薄は辛うじて冬の季節を感ずるらむか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サングラスなしには午後に帰宅することの能はぬ日暮れの早さ | トップページ | 吹く風にそよぐ薄は辛うじて冬の季節を感ずるらむか »