« 言はれたるほどの寒さを覚へずに見上ぐる空に三日月浮かぶ | トップページ | 冬空の夕焼け色は明朝のさらなる冷えを告げてゐるらむ »

2023年12月18日

朝まだき震へて起きて冬らしき冬の寒さを思ひ出したり

231218w

今朝はかなり冷え込んだ。今シーズン初めての「いかにも冬」という寒さを、今シーズン初めて体験したような気がする。とはいえ、ちょっと前までなら 12月になればこのくらいの寒さはフツーのことだったわけだが。

写真は小貝川の土手から望んだ筑波山。風が強いため、山肌の質感がかなり明瞭にわかるほどクリアに見えた。

 

|

« 言はれたるほどの寒さを覚へずに見上ぐる空に三日月浮かぶ | トップページ | 冬空の夕焼け色は明朝のさらなる冷えを告げてゐるらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言はれたるほどの寒さを覚へずに見上ぐる空に三日月浮かぶ | トップページ | 冬空の夕焼け色は明朝のさらなる冷えを告げてゐるらむ »