« 昼過ぎに空晴れたれど磐梯の頂に雲ありて動かず | トップページ | 冬の陽の一気に落ちし地平にはなかなか消えぬ赤みの残る »

2024年1月11日

午後三時晴れてしまへば関東の冬の青空風は吹くとも

Img_5854

昨日までの予報では、朝のうちは雲が多いが昼前から晴れるとのことだったが、実際には昼を過ぎてもなかなか雲が晴れなかった。日が射さず、多くの地点で今年一番の冷え込みを記録したという。

ところが午後 3時を過ぎた頃から急に雲が晴れて、写真のような青空が広がった。これがもう少し早ければよかったのに。

ちなみに空は晴れても冷たい北風は止まず、寒さの緩むことはなかった。

 

|

« 昼過ぎに空晴れたれど磐梯の頂に雲ありて動かず | トップページ | 冬の陽の一気に落ちし地平にはなかなか消えぬ赤みの残る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼過ぎに空晴れたれど磐梯の頂に雲ありて動かず | トップページ | 冬の陽の一気に落ちし地平にはなかなか消えぬ赤みの残る »