« 午後三時晴れてしまへば関東の冬の青空風は吹くとも | トップページ | 雪下ろしの雷鳴りて日は暮れて気付けば土手の道白きなり »

2024年1月12日

冬の陽の一気に落ちし地平にはなかなか消えぬ赤みの残る

Img_5858

日が出てから沈むまで、空はきれいに晴れ上がっていた。夜明けはとても冷え込んだが、それからは暖かい陽射しとなった。

写真は日が沈んで間もなく、西の空に赤みの残っている時のもの。

 

|

« 午後三時晴れてしまへば関東の冬の青空風は吹くとも | トップページ | 雪下ろしの雷鳴りて日は暮れて気付けば土手の道白きなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午後三時晴れてしまへば関東の冬の青空風は吹くとも | トップページ | 雪下ろしの雷鳴りて日は暮れて気付けば土手の道白きなり »