« 冬の日のローズマリーは風を受け灌木らしき姿にて立つ | トップページ | 西の果て地平にひょいと聳えゐるビルの隣に日は沈み行く »

2024年1月29日

一月も残り僅かとなりたれば寒さの内に春立つを待つ

Img_5937

日中は少しは暖かくなったが、早朝はやはり寒い。この頃は「暑い季節」と「寒い季節」しかなくなって、ちょうどいい具合の季節は本当に短い。

気付いてみるともう 1月も残り 3日で、もうすぐ立春になる。ただ、一番寒さを感じるのはこのあたりだから、油断はならない。

 

 

|

« 冬の日のローズマリーは風を受け灌木らしき姿にて立つ | トップページ | 西の果て地平にひょいと聳えゐるビルの隣に日は沈み行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の日のローズマリーは風を受け灌木らしき姿にて立つ | トップページ | 西の果て地平にひょいと聳えゐるビルの隣に日は沈み行く »