« 真冬なる寒さのうちに陽は昇り昼はたやすく初夏となりたり | トップページ | 春一番吹き来て川に昨日とは逆方向の波紋を刻む »

2024年2月14日

川面では小さき鴨も大なるも同じき色の羽根にて浮かぶ

240214w

11日の和歌日記でマガモの群れが戻ってきたと書いたが、今日も川面で元気に鳴きながら餌を漁っていた。

このカモはちょっと小さいが、大きなカモと同じきれいな羽根の色で泳いでいる。これからだんだん育って大きくなるのだろう。

 

|

« 真冬なる寒さのうちに陽は昇り昼はたやすく初夏となりたり | トップページ | 春一番吹き来て川に昨日とは逆方向の波紋を刻む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真冬なる寒さのうちに陽は昇り昼はたやすく初夏となりたり | トップページ | 春一番吹き来て川に昨日とは逆方向の波紋を刻む »