« 毎年のならひとはいへこの年の寒の戻りの幅に驚く | トップページ | この年の最も遠き満月の光満ちたり川面にもあれば »

2024年2月23日

満々に膨らみゐたるローズマリーの蕾開きて奮ふ寒さよ

240223w

今日の寒さは真冬並みである。ラジオで「この冬一番の寒さ」と言っているのを聞いて、「へえ、マスコミの世界では、今はまだ冬なのか!」と驚いてしまった。この『和歌ログ』では、今月 7日からは「春の歌」とさせてもらってるのだが。

20日頃までの暖かさで蕾の膨らんでいたローズマリーが、今日になって一斉に咲き始めている。咲いてしまってから「何なんだ、この寒さは !?」 と驚いているに違いない。

まあ、ローズマリーは強いハーブだから耐えてしまうだろうが。

 

|

« 毎年のならひとはいへこの年の寒の戻りの幅に驚く | トップページ | この年の最も遠き満月の光満ちたり川面にもあれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎年のならひとはいへこの年の寒の戻りの幅に驚く | トップページ | この年の最も遠き満月の光満ちたり川面にもあれば »