« 川面では小さき鴨も大なるも同じき色の羽根にて浮かぶ | トップページ | 日暮れても空に青さの残りゐて雲の白さの際立ちて見ゆ »

2024年2月15日

春一番吹き来て川に昨日とは逆方向の波紋を刻む

Img_6046

昼過ぎのニュースで、「関東で春一番が吹いた」と言っていた。つくばの地では午後 2時過ぎ頃になって風が強くなり、窓ガラスがガタガタいうほどになった。「ヒュルヒュル」と風の音もする。

川面には波紋が目立っているが、これまでとは逆方向で、川下の南から北に向かっている。

 

|

« 川面では小さき鴨も大なるも同じき色の羽根にて浮かぶ | トップページ | 日暮れても空に青さの残りゐて雲の白さの際立ちて見ゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川面では小さき鴨も大なるも同じき色の羽根にて浮かぶ | トップページ | 日暮れても空に青さの残りゐて雲の白さの際立ちて見ゆ »