« 幾度も冬の寒さに戻れども遂にまことの春は来たれり | トップページ | 春知らすローズマリーの紫の花は日毎に増えてゐるなり »

2024年3月30日

開花とは言へぬほどでも二輪ほど蕾ほころぶ桜ありけり

240330w

「今日の一撃」は午前中に更新して ”「花より団子」という勘違いの、60年後の名誉挽回” という記事をアップしておいた。昨日、東京で桜が開花したというニュースから始まるもので、画像としては昨日段階の茨城県の桜並木の様子を使っている。当然ながら一輪も咲いていない。

ところが今日の 3時過ぎに岡堰を通りかかり、桜の木を注意深く眺めると、2輪ほど花が開きかけているのを発見した。この程度で「開花」と言えるのかどうかはわからないが、いずれにしても、ここつくばの地でも急速に桜の花が開いていくのだろう。

冬の寒さに逆戻りしている間に、今か今かと待ちかねながらウズウズしていて、今日の暖かさで一気にほとばしり出ているのかもしれない。

 

|

« 幾度も冬の寒さに戻れども遂にまことの春は来たれり | トップページ | 春知らすローズマリーの紫の花は日毎に増えてゐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幾度も冬の寒さに戻れども遂にまことの春は来たれり | トップページ | 春知らすローズマリーの紫の花は日毎に増えてゐるなり »