« 小雨降る寒の戻りに負くることなく菜の花は咲きに咲きゐる | トップページ | 昼過ぎの夏思はする陽の下でいのち佇む蒲公英の綿毛 »

2024年4月 6日

荒川の土手に敷物広げては人の楽しむ花曇りの日

240406w

今日、車で埼玉県越谷市を通り過ぎたところ、桜の木がずっと並ぶ荒川の河川敷に敷物を広げて花見をしている人たちが大勢いた。さすが土曜日である。

この写真は橋の上で信号待ちをしている時に大急ぎで撮ったものなので、ちょっとわかりにくいかもしれないが、欄干の隙間に花見の人たちが見える。

青空だったらもっと良かったのかもしれないが、今日のような天気も「花曇り」ということでそれはそれで風情がある。

 

|

« 小雨降る寒の戻りに負くることなく菜の花は咲きに咲きゐる | トップページ | 昼過ぎの夏思はする陽の下でいのち佇む蒲公英の綿毛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小雨降る寒の戻りに負くることなく菜の花は咲きに咲きゐる | トップページ | 昼過ぎの夏思はする陽の下でいのち佇む蒲公英の綿毛 »