2020/04/30

田の面に波を立たせて吹く風もさほど冷たきものにはあらず

Img_1692

この写真は川や沼ではない。水を張った田んぼである。すぐに田植えが始まる。

| | コメント (0)

2020/04/29

満々と水を湛へて空映し田植えの準備できたる平野

200429w

つくば周辺の田んぼにも満々と水が引かれ、いつ田植えが始まってもいい状態になった。

 

| | コメント (0)

2020/04/28

南東の空に湧きゐるこの年の初の入道雲を望めり

200428w

昨日までは、「28日は午後から雨」という予報だったが、今朝になってみると「降るかもしれない」程度の予報に変わっていた。そして終わってみれば、午後からはすっかり陽が射して春そのものといった陽気だった。

写真は今年初めて見た入道雲。まだまだ可愛らしいものだが、この写真より 30分前はもっと威勢がよかった。

 

| | コメント (0)

2020/04/27

川の面に丸き波紋の雨降れば田植え始まる時期となりたり

200427w

昼過ぎまで所用で出かけ、午後 2時頃に帰宅してしばらくすると、4日ぶりの雨になった。川面に雨粒の波紋の広がるのが見える。

もうすぐ田植えが始まる。

 

| | コメント (0)

2020/04/26

震度4の揺れに気付かず川土手に生ひたる草を刈りに刈りたり

200426w

本日付の "Today's Crack" で書いたように、今日は川土手の草刈りを大々的に行ったので、茨城県南部の地震にまったく気付かなかった。

ところで、スギ花粉症が一段落したと思ったら、今度はカモガヤの花粉症に悩まされている。今回の草刈りは土手のカモガヤを一掃するためでもあるのだが、まだもっと遠くから飛んできているようで、完全には収まっていない。

 

| | コメント (0)

2020/04/25

澄み渡る空の青さの水面に貼り付けられて流るる川よ

200425w

今日も綺麗な青空だった。これで「外出自粛」ということさえなければ、本当に楽しい一日ということになったのだが。

 

| | コメント (0)

2020/04/24

土手道を歩きて戻り一息をつきたる後に雷鳴を聞く

200424w

今日も夕刻から雨という予報だったので、暗くなる前に土手を散歩しておいた。これは橋の上から撮った写真。

 

| | コメント (0)

2020/04/23

澄み渡る空の青さはウイルスの思わぬ土産なりと知りたり

Img_1661

最近、晴れた日の空がとてもきれいだ。「不要不急の外出自粛」のおかげで、排気ガスが減っているのだと思う。コロナウイルスの思わぬ副産物だ。

 

| | コメント (0)

2020/04/22

睦まじく波に浮かぶは鴨としてさも望ましき姿なるべし

200422w

今日は午後から雨になるという予報だったが、ついに降らず、逆に一時は明るい陽が射したほどだった。

裏の川ではつがいの鴨が仲良く波に浮かんでいる。

 

| | コメント (0)

2020/04/21

夕刻の雲を下より照らす陽が世界は広きものとぞ示す

200421w

夕方頃になって雲に隙間が開き、沈み掛けた日が雲を下から照らしてくれた。なぜか世界が広く感じられた。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧