2019/08/31

八月の最後の夜は更けていく夏終はるてふわけでもなきに


190831w 

8月 31日の夜が更けた。明日からは秋らしくなるということならありがたいのだが。

 

| | コメント (0)

2019/08/30

またしても雨の気配のする朝に小貝の流れ静かなりけり


190830w

気持ちのいい晴天は長く続かず、またしても雨の気配である。

 

| | コメント (0)

2019/08/29

青空の一日続く晩夏とはかくも心を静かならしむ


190829w 

久しぶりに気持ちのいい青空が一日中見えた日だった。

| | コメント (0)

2019/08/27

覚悟して雨を待てども日暮れまで降ることもなく雲流れたり


190827w

対馬で「50年に 1度の大雨」という情報が流れ、関東も所によっては大雨になることもあると伝えられたので覚悟していたが、日が暮れるまで雨にはならなかった。ただ、明日はかなりの降りになるらしい。

 

| | コメント (0)

2019/08/26

暑き日々やや遠ざかり板東は稲穂の垂るる頃となりたり


190826w

関西北陸方面への出張から戻り、しばらく家にこもって仕事をこなしてから外に出ると、田んぼはもう稲穂が垂れ始めている。稲刈りももうすぐだ。

 

| | コメント (0)

2019/08/25

道端で枝を広げる木の下で涼みたきなり晩夏の日射し


190825w

緑の葉の茂る枝を広げて佇む木を見ると、「あの下で涼みたい」と思ってしまう暑い一日だった。

 

| | コメント (0)

2019/08/24

暑き日にぽとり落ち来て気持ちよく死ぬるものなり蝉てふ虫は


190824w

平成17年の 8月 18日に「鬱蒼とした木の中で鳴き尽くしぽとり落ち来て死ぬる蝉かな」という歌を詠んだ。まさに蝉というのは「ぽとり落ち来て」気持ちよく死ぬもののようである。

| | コメント (0)

2019/08/23

水たまりに落つる一滴一滴が涼しさを地にもたらしてゐる


190823w

8月の半ばを過ぎてからは毎日のように雨が降る。この雨が涼しさを運んできているようで、季節は確実に秋に向かっているようだ。時の経つのは早いものである。

| | コメント (0)

2019/08/22

先の週の台風十号消え去りて波一つなき小貝の流れ


190822w 

先週までは台風の影響などで風が強い日が多かったが、今日の小貝川の水面にさざ波すら立っていない。

| | コメント (0)

2019/08/21

六日ぶり帰り来たれば稲の穂の頭垂れゐるつくばの里よ


190821w

六日ぶりにつくばの里に帰ると、稲がかなり実っていて、頭を垂れ始めている。季節は確実に進行している。夜明け前には涼しくなるし、季節は秋に変わってきている。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧