2021年8月31日

涼しさといふよりむしろ肌寒き空気を呼びて雨の降りゐる

210831w

今日から気温が下がるということだったが、日中は湿度のせいもあって蒸し暑く感じてしまった。

昼過ぎから雨になり、雷まで鳴った。夕方頃からはだんだん気温が下がって、窓を開けていると肌寒いぐらいである。

明日のこのあたりの最高気温は、今日より 10度も下がって 22度にしかならないという。本当に気候が極端になってしまった。

今日までは「夏の歌」としておくが、明日からは「秋の歌」とすべきかもしれない。

 

| | コメント (0)

2021年8月30日

明日よりは少しく暑さ和らぎて人の心地のするといふなり

2108301w

今日もまた暑い日が暮れた。

先週半ばの週間天気予報では、暑さは土曜日まで続き、日曜からは天気が崩れて暑さも和らぐみたいなことを言っていたが、そのプロセスが 3〜4日遅れているらしい。ようやく明日からは少しは気温が下がるようだ。

気を取り直して、秋に備えよう。

 

| | コメント (0)

2021年8月29日

暑き日の二階の部屋の網戸越し視線を寄こす蟷螂のあり

210829w

今日の昼頃、2回の書斎の網戸越しにカマキリが訪問してきた。仕事をしている間、ずいぶんながく部屋をのぞき込んでいた。

 

| | コメント (0)

2021年8月28日

水門の流れも止まる川水のぬるさを鴨も厭ひゐるらむ

210828w

今日も暑い一日。裏の川の水門の前を、一羽の鴨がゆったりと泳いでいる。川の水の生暖かさに、鴨もうんざりしているだろう。

 

| | コメント (0)

2021年8月27日

太陽の昇り切るより世の中に暑さの満つる方が先なり

210827w

今朝は 3時半に目を覚まして、それからずっと起きている。夜明け前はまだ涼しかったが、6時を過ぎるともう暑苦しくなった。

いろいろな用であちこちをクルマでかけずり回ったが、クルマを運転している間はエアコンが効いていて涼しいが、停まって外に出るととたんに汗が流れるほどの暑さだった。

 

| | コメント (0)

2021年8月26日

一面の空気は熱きかたまりと化して我が身を焼かんとすなり

210826w

「二度目の梅雨」が開けたということで、大変な暑さがぶり返した。空気が熱いかたまりと化している。

早く 9月の声を聞きたい。

 

| | コメント (0)

2021年8月25日

二度目なる梅雨の開くるといふ前夜雲間に月の丸く輝く

210825w

蒸し暑い一日だった。朝の天気予報によれば、明日からは「二度目の梅雨明け」のようなもので、週末まで暑い日が続くという。

今夜はその「二度目の梅雨明け」前夜で、丸い月が照っている。

 

| | コメント (0)

2021年8月24日

稲の穂の黄に染まりゐて田の色も黄緑色に変はりたるなり

210824w

田んぼの色が緑から黄緑に変わってきている。近付いてみると、稲の穂がほとんど黄色に染まっている。稲刈りが近付いている。

 

| | コメント (0)

2021年8月23日

ひらひらと花から花に飛び移りツマグロヒョウモン蜜を吸ひゐる

210823w

毎日のようにツマグロヒョウモンという名の蝶がやってきて、我が家の庭のクリーピングタイムの花の蜜を吸っている。一つ一つのの花は小さいので、すぐに吸い尽くしてしまうようだが、すぐに隣の花に移って一心に吸っている。

ツマグロヒョウモンというのは、羽根の先の方が黒く、表のような柄があるのでこの名が付いたようだ。昨年 6月の記事に登場したのは羽根の先がもっと鮮やかな黒さだった(参照)。

 

| | コメント (0)

2021年8月22日

雲間より顔を見せたる蝶鮫といふ名の月を写真にて捕る

210822w

今夜は満月で、アメリカでは 「スタージョン・ムーン」(sturgeon moon)というらしい。「チョウザメの月」という意味で、五大湖のチョウザメの旬となる季節だからこう言うのだそうだ・

今日は朝から曇りがちで時々青空が覗くという微妙な天気だったが、夜の 10時過ぎ頃にうまい具合に雲間から辛うじて満月らしき姿が望まれた。

「捕る」と表記したのは「撮る」の変換ミスではなく、あくまでもチョウザメにこだわったため。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧