2022年11月30日

晩秋にしては不思議に温かき二日は過ぎて寒気来るらし

221130w

この 2日間、晩秋にしては妙に暖かかった。夜は布団を 1枚減らしたほどである。

しかし今夜から雨となり、その低気圧が寒気を呼び込んで、明日からは冷えるらしい。いよいよ 12月になり、年末に近付くということだ。

 

| | コメント (0)

2022年11月28日

花落ちて放射状なる抜け殻の風に揺れゐる小栴檀草

221128

今月 1日の歌の題材にしたコセンダングサの花はすっかり落ちて、放射状の抜け殻のみになってしまった。その影に、小さな「ひっつき虫」が見える。

 

| | コメント (0)

2022年11月26日

少しずつ暮れの掃除に手を付けて日の沈むのに気付かざりけり

221126w

最近は日の暮れるのが本当に早い。

年末の大掃除を一遍にこなしてしまうのは大変なので、今週辺りから少しずつ始めている。床や壁、窓などにこびりついた 1年分の汚れをこすり落とすのは、少しずつとはいえかなりの力仕事だ。

午後 5時前頃に今日の分を一段落して窓の外を見ると、日はとっぷりと暮れて、帰宅の車のヘッドライトが次々にすべって行く。

来週辺りから、本格的に寒さを感じるようになるらしい。そろそろ「冬の歌」というカテゴリーに切り替える時期となるかもしれない。

 

| | コメント (0)

2022年11月25日

霜月の夕映えの中にくつきりと浮かぶは富士の嶺のシルエット

221125w

今日は同じ「晴れ」でも昨日以上で、日が暮れる頃になっても空が澄み切っていた。

西の方角、夕映えの中に富士山のシルエットがくっきりと浮かんでいる。なかなか見られない構図である。

 

| | コメント (0)

2022年11月24日

ワールド杯初戦ドイツに勝ちたれば晩秋の空高く澄みたり

221124w

ワールドカップ初戦でドイツに勝利したのを見届けて、朝は 7時頃に起きると見事な青空だった。夕方近くになって雲が広がったが、いわゆる「高曇り」で、青空を隠しきるまでに至らない。

ドイツは私が最初に行った外国で、好きな国の一つでもあるので、第二戦は頑張って勝ってもらい、共に決勝トーナメントに進むことになればいいのだが。

 

| | コメント (0)

2022年11月23日

青鷺の川に佇む足許に雨の波紋の広がりてあり

221123w

昨日に続き、アオサギの写真。

今日は朝から雨なので、足許の水面に雨粒の波紋がいくつも広がっている。

 

| | コメント (0)

2022年11月22日

十倍の望遠レンズで撮りたれば青鷺の羽根かくも麗し

221122w1

今日は朝からいい天気だったが、夕方頃から曇ってきた。明日は雨になるという。

裏の川原にいたアオサギを、今日は iPhone のカメラではなく、普通のコンパクト・デジカメで写してみた。望遠が 10倍まで効くので、さすがに細かいところまでしっかり撮れている。

 

| | コメント (0)

2022年11月21日

ふと見れば日はとつぷりと暮れてをり年末までの短き昼よ

221121w

デスクワークに集中していて、ふと窓の外をみると、夕方 5時半前なのにすっかり日が暮れている。

このあたりの本日の日の入り時刻を調べてみると、16時 29分だという。ということは、日が落ちてから 1時間近く経っているということだ。道理で暗いわけである。

一年中で一番日の入りの早いのは冬至だと思われがちだが、実は 12月の初旬頃が一番早くて 16時 23〜25分ぐらいとなり、冬至にはそれより 2〜3分ぐらい遅くなっている。その代わり、夜明けはもっと遅くなるので、冬至の頃が最も日が短いということになる。

いずれにしても、年末までの 1ヶ月間は、1年で一番早く暗くなる時期なのだ。

 

| | コメント (0)

2022年11月19日

秋晴れの僅かな風に薄揺れ遠くの空の雨を呼びゐる

221119w

今日も気持ちのいい秋晴れだった。

明日は日曜だというのに仕事で埼玉県に行くことになっていて、現地の天気予報を見ると、ずっと曇りがちで夜から雨になるということのようだ。

まあ、クルマで出かける予定だから、曇りなら OK だろう。雨が降り出す頃には帰宅できそうだから、相変わらずしぶとい「晴れ男」ぶりを発揮することになりそうだ。

 

| | コメント (0)

2022年11月18日

iPhone のカメラで夜を映しても空に青みの残りゐるなり

221118w

日の暮れるのが本当に早くなった。この「和歌ログ」に使う写真を撮りそびれていると、いつの間にか暗くなってしまっている。

ところが、最近の iPhone のカメラというのはレンズ性能が良くなっているのか、あるいはそうした設定になっているのか、暗い景色を写しても、そらがまだ青っぽく映る。いいことなのか、悪いことなのか、わからないが。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧