2020年11月30日

満月を囲める雲の小さきの照らされてあり明日より師走

201130_20201130195201

一昨日の十三夜から月の写真を撮っていたので、今日の満月は是非同じアングルで収めたいと思っていたのだが、少しだけ帰宅が遅れてしまい、満月がかなり高いところまで昇ってしまっていた。

もう少し早い時間帯だったら、月の光が川面に映っているのを撮れたのに。そして薄らとした月食も撮れたのにと思うと、ちょっと残念。

しかし、満月の周りの小さな雲が光を反射する様が撮れたので、これで満足しておこう。

 

| | コメント (2)

2020年11月29日

雲間よりわずかに漏るる月光の満月となる明日を待たなむ

201129_20201129213101

昨夜は十三夜月がきれいに望まれ、今夜はより満月に近付いているはずなのだが、雲の隙間からわずかに光が漏れているだけだ。

天気予報によれば、明晩はきれいな満月が望まれるはずだ。

 

| | コメント (3)

2020年11月28日

北風の吹き止みて日の入りたれば川面を照らす十三夜月

201128

今日は朝からずっと快晴で、北風は強かったが陽当たりは暖かかった。夜になっても月明かりが川を照らして美しい。

 

| | コメント (1)

2020年11月27日

歯の治療終はりて帰る道すがら家々の灯の増えてゆくなり

201127_20201127203601

近頃、日の暮れるのが本当に早い。歯の治療を終えての帰り道、家々に灯がともり始めている。

 

| | コメント (2)

2020年11月26日

霜月も残り五日となりたれば昔の幅で流るる川よ

201126_20201126202501

秋が深まって、裏の川の水量が目に見えて減った。写真の奥の方が下流で、中州のように見えるのは元の左岸である。昔は川幅が写真の右側の部分しかなかったから、大雨が降るとすぐに水害になった。

川幅を 2倍にしたおかげで水害はすっかり減ったが、秋から冬にかけては川が 2つに分かれたようにさえ見える。

 

| | コメント (0)

2020年11月25日

故郷の冬の始まり思はする灰色の雲浮かび動かず

201125w

今日はずっと冷たい小雨がちの天気で、寒さが強まった。空だけを見れば、故郷の初冬みたいな光景である。

 

| | コメント (0)

2020年11月24日

その辺で採れたる柿のその辺の空気そのまま食ふぞ楽しき

201124w

このところ、毎日柿を食っている。柿はわざわざ海の向こうからもってこなくても、その辺で採れるからいい。

 

| | コメント (0)

2020年11月23日

夕暮れの紅き陽のさす北の空に遙か日光の山々の見ゆ

201123_20201123171001

昼の間はよく晴れたが、だんだん雲の量が多くなり、夕暮れ時には北の空に明るさが残るのみとなった。珍しく遙か日光の山々が望めた

 

| | コメント (0)

2020年11月22日

震度 5 の地震の後の夕焼けはいと穏やかに染まりゐたりき

201122_20201122214801

今日は夕方に地震があり、茨城県内は震度 4とか 5とかが記録されたらしい。

その直後にホームセンターに買い物に行ったら、地震とは無関係なのだろうが、とてもきれいな夕焼けだった。

 

| | コメント (0)

2020年11月21日

間近にて上がる花火の轟音の響きをれども光も見えず

201121_20201121221701

日が暮れて ⒏時前ぐらいになった頃、突如として打ち上げ花火の轟音が響いた。それも 1発だけではなく、かなり長時間にわたって連続して上げられたようである。

どうもすぐ近くに上がっていたようなのだが、どういうわけか、我が家からは全然見えなかった。

コロナ騒ぎで花火大会ができなかったので、年を越す前に上げちゃったんだろうか。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧