2022年10月 3日

秋風の渡る浅瀬に立ち尽くす青鷺の声夜に響くらむ

221003w

昼過ぎに裏の川を見ると、浅瀬にアオサギがぽつんと立ち尽くしていた。昨夜「ゲーゲー!、グギャー!」と、うるさい鳴き声が響いていたが、このアオサギの声だったようだ。今年もついに帰ってきた。

とにかく、優雅な姿からは想像しにくい下品ともいえる鳴き声で、見た目と声の落差がこんなに大きい鳥は他にいないのではないかというほどだ。これからはこの声に付き合っていかなければならない。

 

| | コメント (0)

2022年10月 2日

秋空に真綿の如き白雲の浮かびて流るごくゆつくりと

221002w

この週末は珍しくすっきりといい天気だった。先月の三連休は二度ともぐずついたので、気の毒なことだったが。

青空に真綿のような雲が浮かび、北から南にゆっくりと移動している。北からの空気が入ったから、湿度も低くて過ごしやすい一日だったのだろう。

 

| | コメント (0)

2022年10月 1日

暮れかかりスマートフォンのカメラにも一番星の見事に映る

221001w

今日から 10月だが、日中は汗ばむほどの陽気で、妻と「昔の東北だったら(今は違ってきているが)、真夏の陽気だよね」と話していた。

しかし日暮れの頃からはしっかりと秋の様相である。湿度が低いので空もカラリとして、一番星が見事なまでの大きさに見える。iPhone のカメラで普通に撮ってもしっかりとわかるほどだ。

週の後半からは雨がちになり、気温もぐっと下がるらしい。

 

| | コメント (0)

2022年9月30日

家々の屋根は夕陽を浴びながら土手腹に影延ばしゐるなり

220930w

だいぶ日が短くなって、午後 5時を過ぎると太陽がかなり西に傾き、裏の川の東側土手の内側に家々の屋根の影が映る。

明日からは 10月だ。

 

| | コメント (0)

2022年9月29日

土手に生ゆる白き木槿は秋空に向かひて今日も次々に咲く

220929w 

22日に、木槿の花が再び数を増していると書いたが、今日はさらに増えていて見事なほどだ。

このまま 10月頃まで咲き続けることになる。

 

| | コメント (0)

2022年9月28日

暑き夏過ぎし落差も厭はずに咲き続けゐるチェリーセージよ

220928w

我が家のフェンス沿いに、目立たないが春から秋までずっと咲いている小さな赤い花がある。チェリーセージというハーブの一種だ。

今、暑すぎる夏からの移り変わりの時期にあって、多くの秋の花たちが咲くのを戸惑っている感がある。例年なら今ごろは花盛りのはずの彼岸花なども、今年は妙に少ない。

その中にあって、チェリーセージはしっかりと咲き続けている。

 

| | コメント (0)

2022年9月27日

国葬と関わりもなく飛び回り気付けば秋の夜は更けて行く

220927w

今日は元首相の国葬とは無関係の仕事で忙しく、あっという間に暮れて夜になっていた。

 

| | コメント (0)

2022年9月26日

珍しき二日続きの晴天に鷺は刈田で餌を漁りゐる

220926w

今日も昨日に続いていい天気だった。近頃、こんなにまともな青空が 2日間続いたのは珍しく、つくば周辺は最高気温が 29℃になったらしい。昨日がかなり爽やかだったのに比べると、まるで夏に戻ったような体感だ。

台風の豪雨で水浸しになっていた刈田はかなり乾き、相変わらず白鷺が餌を漁っている。明日は今日より涼しくなるらしい。

 

| | コメント (0)

2022年9月25日

台風の東に去りし野の道に紅く萌え立つ彼岸花咲く

220925w

今日は近頃珍しいほどの上天気で、朝から夕方まできれいな青空が広がった。

その青空の下、野辺の道に彼岸花が咲いている。青空の下で紅く萌え立ち、よく目立つ。この青空は、どうやら明後日まで続くらしい。

 

| | コメント (0)

2022年9月24日

台風は温帯低気圧となり刈田に水と鷺招きたり

0924w

台風 15号から変わった温帯低気圧は、20時過ぎには東海上に抜けつつあり、つくば周辺にかかっていた雨雲も次第に遠離ろうとしている。この辺りはそれほどの大雨にはならずに済むようだ。

写真は 午後 4時頃に近くの田んぼで撮ったもの。稲刈りが済んで乾いていた田んぼに水が堪って、白鷺が餌を漁っている。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧