2021年2月 3日

今朝方の筑波の地より目に見ゆる山腹までは真白なる富士

Img_3633-2

今朝、近くを流れる小貝川の堤防から、富士山がきれいに見えた。ちょっと前までは白いのは頂上付近だけで、青い山腹が見えたが、今朝は真っ白である。

肉眼で見る限りはとても大きく雄大に見えたが、iPhone のカメラの拡大機能を一杯に効かせて撮っても、写真にするとこの程度である。人間の目というのは、「気分」という要素をとても大きく反映しているようだ。

 

| | コメント (0)

2021年2月 2日

黒雲と寒風により分けられし薄青き空僅かに望む

210202w

今日は昼から晴れるとの予報ではあったが、実際には黒雲は晴れず、彼方に薄青いそらが見えただけだった。相変わらず風が冷たい。

 

| | コメント (0)

2021年2月 1日

寒風の吹き来る運動公園にスポーツをする人影もなし

210201w

今日から 2月。今日もやはり寒い一日だった。

写真は我が家の近所にある運動公園というところ。テニスコートでは何組か見かけたが、それ以外は寒空の下でガランとしていた。

| | コメント (0)

2021年1月31日

山里に吹雪もたらす風止みて川面の波も静まりきたり

210131w

風の強い日が続いている。関東では空っ風の木枯らしだが、山間部は吹雪だろう。

川面に立つ波は、夕方を過ぎて少し落ちついてきた。

 

| | コメント (0)

2021年1月30日

木枯らしの吹き荒れて空晴れ渡り遠くの山は霞ゐるなり

210130w

今日は冷たい風の吹き荒れる一日だった。

この風のおかげで、上空はきれいに晴れ渡ったが、地面近くは砂埃のせいか、ぼんやりと霞んでいる。

| | コメント (0)

2021年1月29日

雪止みて晴れ渡る空に太陽は眩しきまでに昇りきたれり

210129w

昨夜は雪だったが今朝はきれいに晴れ渡り、朝日が眩しいほどだった。月末までは晴れるという。

| | コメント (0)

2021年1月28日

つくばにも冷たき風は吹き来たりみぞれは雪に変はりたるなり

210128w

つくばの地にもついにまともな雪が降ってきた。午後 2時半頃にクルマで出かけた時は、僅かにみぞれ混じりの雨という感じだったが、4時頃に戻ってきた時にはもう完全に雪に変わっていた。

もっとも、この雪も夜の 8時過ぎには止むらしく、明日は晴れるので積もることはないようだ。

 

| | コメント (0)

2021年1月27日

水量のやや戻りたる水門に白鷺は降り羽を休める

210127w

裏の川の水門の辺りに、白鷺が降りて休んでいた。

今年はいつもの年より白鷺が少ないような気がするのだが、どうしたんだろう。年が明けてから雨が極端に少なく、水量が減って魚を漁りにくくなったためだろうか。

一昨日までの雨で、水量が多少戻ったので、鷺も戻ってきたのかもしれない。

 

| | コメント (0)

2021年1月26日

足許の地球の廻るスピードで陽はぐいぐいと昇りくるなり

210126_20210126155701

昨日は月の写真で、今日は日の出の写真である。東の空が明るくなり始め、太陽の上の部分が僅かに顔を見せ始めた時から注目していたが、見る間に昇りきってしまった。

「日の昇るスピードとは大したものだなあ!」と思ったが、よく考えれば、これは地球の自転のスピードだ。地球の自転というのは何しろ 24時間で 1周してしまうのだから、凄いスピードである。

 

| | コメント (0)

2021年1月25日

冬晴れの夕空に浮く陰影は月齢十一・九の月

210125w

午後 5時前に東の空高く月が出ていたので、今日は iPhone ではなく、コンパクトカメラで望遠を一杯に効かせたところ、結構きれいに撮れた。

今日の月齢は 11.9。明日は 12.9 で、いわゆる「十三夜月」になるようだが、午後から曇るという予報なので、今日の月を「十三夜月に近い月」としてアップしておく。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧