2019/12/13

遙かなる北の地平の雲切れて望むは日光尾瀬の山々

191213w

今日はずっと曇りがちの一日だったが、遙か北の方角は雲が切れていて、朝のうちは日光から尾瀬の山々が見えていた。

真ん中の鉄塔の右の独立峰が男体山で、その左の白根山の稜線は雪を戴いている。

| | コメント (0)

2019/12/12

冬晴れの空の下では鳥のゐぬ川の流れに沿ひて波立つ

191212w

冬晴れである。秋頃までは裏の川に鴨や鷺がたくさんいるのだが、この時期になるともう少し暖かいところに移動してしまうようで、なんとなく殺風景になる。

| | コメント (0)

2019/12/11

十六時二十四分を境目に日没以後の暗さとなりぬ

191211w

今日も何だかんだであたふたしているうちに、あっという間に日が暮れた。この辺りの日没時刻は明日までが 16時 24分で、明後日からは 16時 25分になる。日の出時刻はさらに遅くなり続けるのだが、気分的には少しは日が延びたような気がすることになる。

| | コメント (0)

2019/12/10

南天の赤き実を見て不意に知るこの年も早暮れむとするを

191210w

ナンテンの実が赤く色づいている。冬である。年末である。

 

| | コメント (0)

2019/12/09

寒き日の午後三時過ぎ灯油式ファンヒーターのうなり聞きゐる

191209w

今日はやたらと寒い一日だった。私の書斎はエアコンもあるにはあるが、暖房にするとやたら電力を消費してしまうので、心ならずも灯油のファンヒーターを使っている。

 

| | コメント (0)

2019/12/08

冬の日の地平の果ての残照は丸き地球の問はず語りか

191208w

今日もあっという間に日が暮れた。「日の出・日の入りマップ」というサイトを見ると、茨城県では 11月 30日から 12月 12日までの 13日間、日の入り時刻が 16時 24分で、1年のうちで最も早い。13日から 16時 25分になり、大晦日は 16時 34分と、10分も遅くなる。

| | コメント (0)

2019/12/07

雨の師走都心に向かふ高速道赤き渋滞表示の目立つ

191207w

今日は朝から雨降り。東京都心にクルマで出ようと思って地図検索してみると、茨城方面からは赤色の大渋滞が示されたので、諦めた。さすが師走である。

| | コメント (0)

2019/12/04

冬の日の昇る前よりひむがしの空は冷たき紅に染まれり

191204w

昨日から天気が回復して、今朝は上空に雲一つない夜明けとなった。朝の光が冬らしく冷たく光っている。

 

| | コメント (0)

2019/12/03

暖かき陽の射す午後もはや暮れて明日は冷たき風吹くといふ

191203w

昨日と似たような写真で恐縮。何しろ、あっという間に日が暮れてしまうもので。

今日は案外暖かい日だった。明日からは冷え込むらしいが。

 

| | コメント (0)

2019/12/02

日暮れても空と雲との境目のくつきりと見ゆ師走二日目

191292w

久しぶりの晴天で、日が暮れてからも空と雲が容易に区別が付く明るさがしばらく続いた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧