2024年1月17日

せっかちと言ひたくば言へ浪速では動く歩道で止まる者なし

240117w 

写真は大阪駅にある「動く歩道」。

東京にあるこうした設備では、ほとんどの人がこのステップ上で立ち止まっているが、ここはさすが大阪、ほとんど全員が歩いている。大阪では立ち止まる方が奇異なのかもしれない。

 

| | コメント (0)

2024年1月16日

夜も更けてホテル最上階に入り窓より見下ろす大阪の街

230116w_20240116222001

出張で大阪に来ている。ただ用件があるのは明日なので、つくばの自宅を午後 4時過ぎに出発し、新大阪に 9時半過ぎに着いた。ホテルに入ったのは 10時前で、最上階の 8階端の部屋である。

本当はもっと早く出て余裕を持ってホテルに入りたかったところだが、妻の用事に 3時半頃まで付き合わなければならなかったので、こんなことになった。

明日はまた夜遅くに帰宅する予定で、今週前半はかなり忙しい。

 

| | コメント (0)

2024年1月10日

昼過ぎに空晴れたれど磐梯の頂に雲ありて動かず

240110w

今日は福島県郡山市に日帰り出張。常磐道と磐越道を往復 7時間以上運転した。

午前中の空は曇っていたが、午後からはかなり青空が広がった。とはいえ、磐梯山だけは雲がかかっていて山頂付近が見えない。残念だった。

磐梯山を望む度に思うのだが、1888年(明治 21年)の大噴火で山体崩落する以前は、どんなに見事な形の火山だったのだろう。

 

| | コメント (0)

2023年12月 6日

白河の是よりみちのくてふ石碑眺めてもなほ暖かき陽よ

231206w

今日はクルマで福島県に出張。写真は白河のパーキングエリアにある「是よりみちのく」の碑。白河の関は、「みちのく」への入り口だった。

ただ、みちのくの 12月は、かなり暖かくて拍子抜けしてしまったのだが。

 

| | コメント (0)

2023年10月20日

富士の嶺にかかる笠雲大きくも小さくもなり消ゆることなし

231020w

今日は甲府から、ちょっと廻り道して河口湖付近を通って帰ってきた。あんまり天気がいいので、富士山を間近に眺めたかったからである。

富士山は山頂付近が雪化粧し、その上にぽっかりと白く小さな雲が浮かんでいる。これ、「笠雲」と称するらしい。太平洋からの湿った暖かい空気が山の斜面に沿って上昇し、上空の冷気で冷やされ発生するという。

この笠雲、大きくなったり小さくなったりしながら、ずっと浮かんでいた。

 

| | コメント (0)

2023年10月19日

つくばより西に望める富士山の裏側を見る甲府のホテル

231019w 

今日から一泊二日の予定で山梨県に出張。昼過ぎにつくばの自宅を出て、夕方に甲府に着いた。写真はホテルの窓から見た富士山。つくばの地からは西の方角に見える富士山が、ここでは東側に見える。つまりいつもの裏側から望んでいるわけだ。

明日は昼過ぎに仕事を終えて、夕方に自宅に戻る予定。だいぶ秋らしい涼しさになるという。

 

| | コメント (0)

2023年9月15日

みちのくの雨は止めども雲厚く北に聳ゆる山影見えず

230915w

山梨県と福島県でのミッションを追えて、ホテルにチェックインした。福島県は大雨になると覚悟していたが、屋内で話をしている時にかなりの土砂降りの気配があったものぼ数十分で止んでしまい、移動中はほとんど降らずに済んだ。

東京都内はかなりの土砂降りになったようだが、旅先で濡れずに済むというのは、我ながらしぶとい「晴れ男」ぶりである。まあ、いつもの話ではあるのだが。

写真はホテルの窓から眺めた郡山市の景色。9階の部屋はさすがに高いが、雲に覆われていて、それほど遠くない北の福島市の方角の山がほとんど見えない。

 

| | コメント (0)

2023年9月14日

上方に心を致しゐるやうな山梨側の田より見る富士

230914w

久しぶりの出張だ。しかも今日は山梨県で、明日は福島県と、離れた土地への二泊三日の旅となる。

写真は山梨側から見た午後の富士山。静岡側からの富士山は東海道新幹線に乗る度に見ているので(もちろん悪天候で見えないこともあるが)かなりお馴染みだが、山梨側からの姿はやはり少し違っている気がする。左右のバランスの問題なのだろうか?

何となく東側の稜線の方がほんの少しだけ緩やかなような気がする。どうして山梨側からだとそんなふうに見えるのかわからないが。

いずれにしても今日は天気が良くて助かった。

 

| | コメント (0)

2023年6月12日

北の地より青函トンネル潜り抜け日本の景色の内に戻りぬ

230612w 

北海道から青函トンネルを抜けて本州に入る。写真は盛岡付近で車窓から撮ったもの。北海道の大陸的な風景から一変して、日本の田舎の風景になっている。

この横への広がりをあまり感じさせず、チマチマっとまとまった感覚が日本的風景なのだろう。

 

| | コメント (0)

2023年6月11日

北国のあしたの風は冷たくも夏咲く花の蕾膨らむ

230611w

上の写真は、朝に早起きして散歩した室蘭の「東大通」の真ん中にある緑地。さすが北海道だけに、土地の使い方が何気なく贅沢だ。

先週末までの天気予報では、今日の午前は雨ということだったが、曇りで、時々薄日が射すほど。ただ、さすがに寒い。関東と比べると、気温が 10℃ は低い。それでも、花壇に夏の花の咲き始めている。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧