2024年1月 1日

彼方より光は届くものなれば今薔薇色の竜宮を見む

240101

明けましておめでとうございます。新年の年賀状代わりの画像をお届けいたします。


このデザインは実は 12年半前に作成していたものだが、知のヴァーリトゥードの本日付で書いたような事情で、12年遅れで公開させていただくこととした。

写真は 25万光年の彼方にあるりゅう座銀河なのだが、どういうわけか薔薇の花のように見える。

今年も毎日更新を続けるつもりなので、よろしく。

 

| | コメント (0)

2023年12月24日

クリスマスイブは近づきウクライナ中東の地に思ひを致す

2231224

今夜はクリスマス・イブだが、夫婦二人だけで暮らしていると特別なことをしようという気にはならない。LINE で 3人の娘たちから「メリークリスマス」の画像入りメッセージが届くのに、夫婦それぞれが返事を出すぐらいのものだ。

クリスマスで浮かれるよりも、この日を機に世界に平和をもたらそうという気運が高まってもらいたいと思ってしまう。

 

| | コメント (0)

2023年1月 1日

あらたまの年の初めに暫くと世界に向けて叫ばむとぞする

2301012

謹賀卯年。今年の年賀状は歌舞伎十八番の『暫』がテーマ。

今年最初の歌に込めた思いは、Today’s Crack の本日付をご覧頂けば通じると思うので、よろしく。

 

| | コメント (0)

2022年12月31日

年越しの蕎麦を啜りて新しき年は命もあらたまるとぞ知る

221231w

いよいよ年末も年末、大晦日。

今年結婚した末娘の夫の実家がおいしい蕎麦屋なので、年越し蕎麦を届けてもらった。手打ちの十割蕎麦である。実においしくいただいた。

ここ数日、年末の慌ただしさの中ですっかり疲れてしまった気がして、「もう 70歳を越しちゃったしなあ」なんて思いにとらわれてしまっていたのだが、この蕎麦のもつエネルギーのお陰だろうか、なんとなく元気が湧いてきた。

新しい年を迎えるということは、新しい生命を迎えることだから、また元気に過ごしていけそうな気がしている。

というわけで、よいお年を。

 

| | コメント (0)

2022年1月 1日

寒拾も豊干も虎もただ睡る別の宇宙に醒むるが如く

2201011_20211228204301

謹賀寅年! 今年の年賀状と新年の歌をお届けします。

今年の画像の「四睡図」については、Today's Crack の本日付で、解説にもならない記事を書いているので、よろしく。

 

| | コメント (0)

2021年2月11日

昇りたる紀元節の陽カーテンを透かして部屋を赤く染めたり

210211w

今日は建国記念の日。きれいな朝日が昇り、窓のカーテンを透かして白い壁を赤く染めていた。

 

| | コメント (0)

2021年1月 1日

羽黒なる火伏せの牛にこの年はコロナ退散合わせ祈らむ

210101明けましておめでとうございます。新年恒例の年賀状をお届けいたします。この歌のココロは、本日付 ”Today's Crack” にあります。

 

| | コメント (0)

2020年1月 5日

境内の屋台も店を仕舞ひつつあるを眺めてせる初詣

200105w

板橋不動というところに初詣に行った。正月三が日はごった返すし、昨日の 4日はいろいろ用があって行けなかったのである。

松の内といえど、さすがに 5日の夕方ともなると、人は減る。境内の屋台もポツポツと店仕舞いを始めていて、「祭の終わり」を思わせる淋しさを漂わせている。世の流れを感じさせる。

 

| | コメント (0)

2018年9月 7日

ひむがしの雲居を染むる朝焼けに禍やり過ごす祈りささげむ


180907w

いろいろあった二〜三日が終わり、新たな夜明けを迎えた。さあ、気持ちを入れ替えないと疲れたままになってしまうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日

木の肌に年経る跡の刻まれし鹿嶋の宮に詣でたりけり


180408w

今日は鹿嶋に行き、鹿島神宮も参拝した。涼しいいい天気だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧